〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-11-20 上馬パピリオン B-1

TEL: 03-3795-2290 info@sftokyo.com

© 2019 STRAWBERRY FIELDS

SF インタビュー vol.3 <CJ Li>

November 2, 2017

[English interview below]↓

 

CJ Liインタビュー

「一人の人間として私の物語を音楽を通して皆さんに伝えたい」

 

 

ーCJ Liさんについてお聞かせください

 

CJ Li :  私は5年前に一つの夢を抱いて日本にやってきた、カナダ人シンガーソングライターです。その夢というのは武道館でワンマンライブをすることです。

 

 

ーなぜ武道館なのですか?

 

CJ Li: 日本でみんなに認めてもらえるようなアーティストになりたいのと、努力して頑張ればどんな夢でも叶うということをみんなに証明したいと思ったからです。武道館は歴史があり日本の文化において必要不可欠なものだと思います。そんな武道館こそが私にとって大きな挑戦になると思ったからです。

 

 

ーカナダ出身と伺いましたが、なぜ日本で活動しようと思ったのですが?

 

CJ Li: 日本の文化、言語、食べ物、音楽にとても興味があったので、とりあえず行ってみてどうなるか試してみようぐらいの気持ちで来ました。でも気づいたらもう5年もいてすっかりここが私の場所と言えるぐらいになりました。

 

 

ー日本での5年間はいかがだったでしょうか?何か印象に残っているエピソードなどはありますか?

 

CJ Li: 最初の1年は日本語も下手で、右も左もわからず、友達もいなくてとても苦労しました。それでもなんとか日本語を勉強して、文化の違いを理解し、友達を作り今は楽しくやっています。

文化の違いというものは面白くて、今でもそれを感じる時は笑ってしまいます。例えば、1年目の時に私は「ホッカイロ」の使い方を知りませんでした。温まるまで時間がかかることを知らなくて、電子レンジに入れて温めようと思ってもうすぐでアパートを火事にさせてしまうところでした。そのような事は今でもまだあります。なので学んだ事は「わからなかったら、とりあえず聞く!」という事です。

 

 

ー音楽文化にも違いはありますか?

 

CJ Li: 最初に気づいた事は日本とカナダでのライブの雰囲気の違いですね。カナダではお客さんがみんないつも叫んで暴れているイメージです。それに比べて日本ではMCの時はみんなちゃんと静かにしっかりと聞いてくれます。こっちに慣れてしまったので、今では静かな方がやりやすいですね。

 

 

ーCJ Liさんの今年3月に開催された2ndワンマンライブを拝見させて頂いたのですが、とてもエンターテイメント性があり、素晴らしいステージでした

 

CJ Li: ありがとうございます。そう言って貰えるととても嬉しいです。お客さんやファンのみんなの記憶に残って、良い思い出やモチベーションに繋がるよう色々と考えました。ワンマンライブでは特にメッセージを込めたのですが、少しでも伝わっていれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

ー2ndワンマンライブを開催する際に特に意識した事はありましたか?

 

CJ Li: 私という人間をどうすればお客さんに伝えられるのかを考えました。ミュージシャンとしてだけではなく、一人の人間としてです。なので私の日常生活での経験なども皆さんに伝えようと思いました。そしてうまく伝えるために様々な人と会って話をして、各々のストーリーなどと照らし合わせて、自分と向き合いました。一人の人間として私の物語を音楽を通して皆さんに伝えたかったのです。

 

 

ー3rdワンマンライブが11月11日に開催されますね。前回のGUILTYから今回のClub SEATAと動員目標が150人から300人と倍となっていますが、大きなチャレンジになりそうですか?

 

CJ Li: 私の夢は武道館でワンマンライブをすることです。計算をしたのですが、ワンマンライブをするたびに倍のキャパシティでやっていければ3年後には武道館に立てます!もちろん毎回とても大きなチャレンジになりますが、自分の限界に挑戦する事はアーティストとして大きく成長できると思うので、全力で頑張ります。

 

 

ーという事は4thワンマンライブは600人ですか?

 

CJ Li: はい、その予定です。ファンの皆さんと一緒に、私たちのできる限りのことをして頑張れば必ず成功すると思っています。

 

 

ー11月11日のライブではニューアルバムのリリースも決定していますね。どのような内容でしょうか?

CJ Li: 日本のファンの皆さんのためにアルバムを作りたいと常々思っていました。今まではほとんど英詞で曲を作っていたのですが、このアルバムは半分が日本語詞になっています。オールプロデュースで作ったので、楽曲はもちろん、アルバムデザインなども私がやりました。日本のファンが気に入ってくれると嬉しいです。

 

 

 

 

ー最後に応援してくれるファンの皆さんや、このインタビューを読んでくださっている方たちにメッセージをお願いします

 

CJ Li: いつも応援してくれてありがとうございます。ライブへ足を運んでくれたり、物販で買い物をしてくれるのはとても活動の助けになっています。一緒に力を合わせて武道館への夢を叶えよう!みんなの愛と力を合わせれば必ず実現できる!

 

 

 

 

 

 

CJ Liワンマンライブ!〜Journey to the Dream vol.3〜

 

2017年11月11日(土)吉祥寺 club SEATA

open17:30  start18:00

 

前売券  ¥3,500-

当日券  ¥4,200-

(ご入場の際に、別途1Drink¥600が必要)

 

チケットの詳細はコチラ

 

 

 

 

WebSite: cjlimusic.com

 

 

 

Interviewer: Can you tell us a little bit about yourself?

 

CJ: Of course! I’m CJ.  A Canadian singer/songwriter who came to Japan 5 years ago to pursue my dream in music. My dream is to do a One Man Live at Japan’s famous stadium “Budokan”.

 

 

Interview: Why Budokan?

 

CJ: I want to be a well-respected artist in Japan and prove that with hard work and determination, anyone can make their dreams come true. Budokan has a long history in Japan and is an integral part of Japan’s culture.  Famous artists such as the Beatles have played there. I’d like to be a part of that as well.

 

 

Interview: Why did you decide to come to Japan?

 

CJ: I had an interest in Japanese culture, language, food and music. So, I thought I’d take a chance and see what happens. I’ve been here for 5 years already, so it’s worked out pretty well so far. (laughs)

 

 

Interviewer: You’ve been living in Japan for 5 years so far. I’m sure you have some interesting stories. Can you share one with us?

 

CJ: I’ve collected so many funny stories while living in Japan. Because of the cultural differences, things happen- and you just learn to laugh about it.

For example during the first year, I didn’t know how to use a “hokkairo” (Japanese heating pack). I didn’t realize it takes a while to warm up automatically- so instead of waiting I stuck it in the microwave and almost set my house on fire!

Things like this still happen- so the lesson I learned is, “if you’re not sure- ask.”. 

 

 

Interviewer: What’s the main difference between doing a concert here versus abroad?

 

CJ: The first thing I noticed was that doing live shows in Vancouver (my hometown) and Japan are a lot different. In Canada, the crowd is loud and rocking out. In Japan, the crowd is very quiet during your talks between songs.  It was hard to get used to at first, but now that I’m used to it, I actually embrace the silence.

 

 

Interviewer: I saw your 2nd Oneman Live on March this year.  It was amazing.  Very entertaining and I was impressed.

 

CJ: Thanks. I really try to make a memorable show where fans go home with good memories and feel motivated.  I try to deliver a message to my fans, and hope that I’ve made an impact in their lives.

 

 

Interviewer: What did you focus on the most while making the 2nd One Man Live?

 

CJ: Not only for a One Man Live, but for every show, I try to tell a story through music. I use my everyday life experiences to share my story through songs. Of course I also focus on arrangements, melodies and how the show should flow nicely to tell the story.

 

 

Interviewer: Your 3rd One Man Live is coming up on November 11th. Live House Guilty had about 150 fans, at Club Seata your goal is 300 fans.  Is that a big challenge for you?

 

CJ: My dream is to do a One Man Live at Budokan.  I calculated that if I double my fans every One Man Live, I should be able play Budokan in about 3 years.  Every live is a huge challenge, but daring to push your limits is a big part of growing as an artist.  I’ll do my best.

 

 

Interviewer: So, if you double your fanbase every time, you’re aiming for 600 fans at the next, next One Man Live?

 

Yes. That is the plan.  I will definitely work my hardest and do everything possible to ensure it will be a success.  This always includes busking, live streams, interviews, lots of gigs, etc... With fans by my side, we can do anything together.

 

 

Interviewer: You are also releasing a new album at your upcoming Nov 11th gig. Can you tell me a bit about it?

 

I wanted to create an album especially for my Japanese fans, so half of this album is in Japanese.  I self-produced the entire album, and wrote all the songs.  I think everyone will enjoy it. I worked really hard and it’s my best album to date.

 

 

Interviewer: Any final comments for your fans?

Thanks for always supporting me, for buying merch, for coming to my shows.  Now is the time that we come together and power through this journey to Budokan.  With your love and support by my side, we’ll get there.

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload